デートするだけのアルバイト
お金くれるパパといえば、今思うと、惜しいなって思うことがあって。
大学の頃なんだけど、ナンパされたの。私、ちょうどその時暇してたし、「お茶でも」って誘われて、相手がすごいオジサンだったんだけど、まぁ、いいかってついて行ったのよね。
駅の近くの喫茶店だったし、逃げようと思えばいつでも逃げられたし、安心かなって思ってね。
で、私、ケーキセット注文して、オジサンはアイスコーヒーで。
それで、色々話ししてたんだけど、「彼氏いるの?」みたいなこと聞かれて、「今はいないです」って普通に答えたら、「自分があと10年若かったら〜」って言いだして。
「失礼だけど、君の周りにいる男ってどうしょうもないのばっかりなんじゃないの?こんな素敵な女の子を放っておくなんて」って。
褒められて悪い気はしないよね。相手がオジサンだったとしても、大まかにくくれば男なわけだしさ。
それで、オジサンも最初は控えめにそういうことを言ってたんだけど、だんだんとお金提示してきてさ。
「いくらくらいなら付き合ってくれる?」みたいな。
お金くれるパパとして立候補してくれたわけだけど、当時の私はまだ子どもで、駆け引きなんか分かんないのよ。
てっきり、いくらなら寝る?って聞かれてるんだと思って、イヤな気分になっちゃって。
ほら、今時だったら、体の関係はなくても、お金くれるパパってたくさんいるわけじゃない?
あのオジサンも体の関係まで要求してなかったのかもしれないじゃん。
ただのお金くれるパパってだけなら、付き合ってもよかったかな、なんてちょっとだけ後悔。
パトロン募集
お金くれる彼氏

今日のアクセス:1/昨日のアクセス:1
トータルアクセス:5


メール

無料携帯ホームページレンタル-Thunder
新規作成

友達に教える

管理